~ 食育について ~



食育

 日本で 「食育」 という言葉か初めて登場したのは明治時代の後半で、古い歴史がありますが、その重要性は認識されていませんでした。 「食を通じて子供の心と身体を健康に育てる」 食育。 食をめぐる環境が目まぐるしく変化している現代にこそ、食育の意義を改めて見直したいものです。 知育、徳育、体育の前にまず食育が大切です。
 食は大事なコミュニケ―ションの場。 だれかと一緒に食事をし、心を通わせる、その積み重ねが人の心を豊かにし、成長の糧ともなるのです。 子どもが食の場で、大人とのかかわりの中で得る精神的なよりどころは、その成長過程で出会うさまざまな困難を乗り切るときの、大きな力ともなるでしょう。 楽しい食事の経験が心の根っこを育てます。
 食事の第一の目的はやはり、健康を維持し、生活するための栄養をとること同時にそこは、食事のマナ―や、地元の食材・受け継がれてきたそれぞれの家庭の味、日本の食文化を知る場でもあります。 こうしてつくられた一人一人の食の歴史は、その人の食生活の将来にわたって影響する重要なもの。 特に幼い頃の食事は、一生を左右する食生活の基本が培われます
 今やほとんどの加工食品に化学食品添加物が含まれている時代。 無防備でいると知らないうちに取らされていることになっています。 この過剰な添加物が、子供の心と身体に悪影響を及ぼし、乱暴な行動やすぐキレる子や学習障害を引き起こすと言われてます。 身の回りの食べ物から、必要なものは取り入れ、いらないものは避ける知恵をまなびましょう。
 楽しく食べている家庭の子どもは、きちんと育って行きます。 食卓で父親、母親が不平・不満ばかり言っていると、子どもの中に怒り、悲しみ、さみしさといった思いがつづられてしまう。 みんなで楽しく食べていれば、いい人間関係が出来ます。 「どんなにつらいことがあっても、自分の居場所さえあれば、子どもたちは乗り超えていく。 それを育むのが家庭の食卓なんです 」
 火を使い、みんなで食卓を囲むのは人類だけ。 火を使わない料理や孤食は人間の家畜化につながります。 食とは、身体にいいものを、おいしく、楽しく食べること。 こんなにも家庭内の食が堕落し、個々人の無自覚が続くと、日本の将来を担う子どもたちの心身はどう育つのか非常に心配です。
 食べ物は、身体の栄養となるだけではなく心の栄養があってこそ、家庭の食事といえるのではないでしょうか。


子どもと一緒に考えよう

家庭の団欒を持ち、今日の出来事を話し合ったりして、楽しい食事を心がけましょう。
一緒に買物に行き、季節や旬を感じよう。
地元の食材・料理を学ぼう。
食べ残しを考え、残ったもので肥料を作ってみよう。
プランタ―で家庭菜園を行い、育てる体験をやってみて、命を感じよう。


豊かな食

 私たちの食生活は、昭和30年代を境に大きく変わりました。 肉・牛乳・パンなど洋風化が進み、インスタントラーメンといった手軽な食品も次々に誕生。 お金さえ出せば、なんでも食べられる 「豊かな食」 の一方で、糖尿病などの生活習慣病は急増し、最近は若年層にも広がっています。

 外食や惣菜・コンビニ弁当で済ませるような食生活を続けると、栄養面からみると、脂質やタンパク質、糖質に偏り、野菜不足で、ミネナルやビタミン、書物繊維の不足が著しくなってきます。 最も危惧されるのが、骨がスカスカになって折れやすくなる骨粗しょう症。 30代半ばからは、大量にカルシュウムをとっても吸収されにくくなります。
だからと言って 「○○が不足しているから○○をとる」 というような胆略的な情報に惑わされず、またサプリメント( 栄養補助食品 )に頼るよりも、出来るだけ命ある食べ物をとるように心がけた方のが良いのではないでしょうか

 何を食べようが個人の自由です。 だが、健康を損なう恐れがあります。 食生活が要因となって、病気になれば、国全体で30兆円を超える医療費を押し上げている一因になるのではないでしょうか。

食べることは、生きることの原点である
食べることは、愛情の原点である
食べることは、家庭の原点である
食べることはにまつわる体験が、精神的な成長の原点になる。

食の崩壊と家庭 その他  





 地産地消やスローフードがブームだ。 しかし今の日本はその本質を忘れてはいないか。 生活文化があってこそ食は根付く。 九州の山あいで本物の食を育む“奇跡の村”の物語。

 「限界集落」 という言葉どおり、いま日本の山里が危機的な状況にある。 大方の山里は、戦後の高度成長の嵐に翻弄され、その根本からライフスタイルの変質を余儀なくされた。 変質にとどまらず、廃村に追い込まれた山村も少なくない。
 しかし奇跡の如く、山里本来の“かお”を守り通す村がある。 宮崎県の県北に位置する椎葉しいば村だ。 椎葉の民は平家の落人たる血、また自ら築き上げた山暮らしの作法に、どの日本人よりも執着し、かつそこに誇りを見いだしてきた。 今もって彼らは九州の尾根に腰を据え、ふるさとに勝る土地はこの惑星にないとみじんも疑わない。 つまり、郷土の価値を見失い、郷土に誇りを持てなくなったとき、おのずとその村は崩壊する運命に置かれるのである。
 椎葉に残った豊かで多彩な生活文化の中で、とりわけ異彩を放つのが食文化だろう。 九州山岳の懐で極限の生を営むためには、まずもってありとあらゆる素材( 食材 )を利用する知恵と技術を必要とした。 椎葉でアク抜き・毒抜きの業はもとより、変容自在な調理法が育まれたのは、生きるための必然からであった。




 そして、彼らのそうした能動的な“生”を根底で支えたのが焼き畑耕作( ヤボ )だった。 冷涼な気候の椎葉では、戦前までほとんどコメは育たず、とれても赤米か陸稲おかぼだった。 柳田国男の『後狩詞記』が描くとおりの、雑穀が主役の見事な食の体系がそこにはあった。 焼き畑が養ったのは雑穀のみならず、頭に“平家”の文字を冠する各種在来の野菜だった( たとえば、平家ダイコン、平家カブのように )。 つまり、焼き畑は椎葉の暮らしの中で、大切な種の保管庫の役割を担っていたのである。
 焼き畑と並行して、自然に即した狩猟や川漁からの恵みも少なくなかった。 現在でも椎葉では、豊かな儀礼・習俗を伴う狩猟が実践され、川ノリ、ウナギ、エノハ( ヤマメ )など貴重な川の幸が季節の昧として食卓をにぎわせる。 だからといって、椎葉の民は必要以上の狩りや漁はしない。 漁師たちがよく口にするフレーズ、「 のさらん福は願い申さん」 ( 欲張ってまで獲物を求めない、ほどの意 )が、そのあたりの事情を雄弁に物語っている。
 一方で、明治以来の近代的( ? )な農業政策においては、焼き畑は時代遅れで、生態系を破壊するあしき農法と決めつけられてしまった。 こうした国の愚策により、日本各地に根付いていた伝統的な焼き畑は、昭和30年代ごろまでにほぼ絶滅した。
 しかし、藩政時代に“地獄”( 幕府・日吉藩による圧政 )を味わった椎葉の民は、そうやすやすと焼き畑を手放すことはなかった。 山の民には「 自分たちこそ日本の原文化の本家本元」 という衿持きょうじがあった。




 さて、以上のような文化的環境、また自然条件の中で成立した椎葉の食文化の、その具体的事例( 料理 )をいくつか紹介したい。
 まず“葉豆腐”。 この豆腐には野菜・山菜・菜の花などが一緒に凝固されている。 初めてこれに出合ったとき、「 何と風流な豆腐なんだろう」 とうなった。 しかし後日、椎葉の伝統的語り部の椎葉クニ子さん( 民宿「 焼畑」 の初代女将 )からやんわりたしなめられた。
 「アレ( 菜豆腐 )には切ない歴史が秘められておっとですよ。 昔はどこの家も大家族で、大豆100%の豆腐なんか、夢のまた夢。 家族が飢えないように、豆乳以外のものを加えて、量を増やしておったんです」 。
 風流の裏に厳しい山の現実が隠されていたのである。 椎葉の極限の食文化を語るとき外せないものに“オオシ”がある。 ヒガンバナ科の多年草で、一般にはキツネノカミソリの和名で呼ばれる。 宮崎県北では“ドクバナ”が通り名であることからもわかるように、その鱗茎( 球根 )は猛毒のリコリンを含む。
 このオオシ、ヒガンバナ同様、弥生時代あたりに照葉樹林文化の一翼を担って、救荒作物の一品として大陸からもたらされたと考えられる。 椎葉では標高の関係からヒガンバナは育たないが、その代わりにオオシが山の食文化の中で重要な役割を果たしてきた。 もちろん食料として。
 「これがなければ、椎葉は戦中・戦後の食料難の時代を乗り切れなかったかもしれんね」
 今はなき、尾前( 大字不土野 )の浄行寺住職、尾前新了さんが日頃語っていたところだ。 この話を聞いた瞬間、かつて英国の圧政による飢餓で長く苦しんでいたアイルランドが、ジャガイモの伝来で危うく全滅を免れたエピソードを思い出していた。 あるときその新了さんに頼んで、さすがに最近は食べる必要がなくなったというオオシダゴ( オオシのオニギリともいう )を作ってもらったことがある。
 ダゴ作りはまず、初夏の山に分け入って、オオシの枯れた茎葉を探すところから始まる。 その場所をくわで掘ると、浅い表土の中からゴロゴロといった感じでオオシの鱗茎が転がり出てくる。 それを家に持ち帰り、丁寧に洗って外の皮をむいたうえで、アク水とともにカマドでじっくりと炊く。 次に、軟らかくなったオオシを臼でひき、ペースト状になったものをふるいで漉し、それを木綿の袋に入れてサナ( スノコで作った棚 )の上で絞る。
 こうしてもみ出されたのがでんぷんで、これをさらに桶などに入れ、流水に一昼夜さらす。 翌日、毒が抜けたかどうか確認するわけだが、このとき新了さんは白く沈殿したでんぷんの上にヨモギの搾り汁を2~3滴落とした。 この汁滴がでんぷんの表面で跳ねて散らばるとまだ毒が残っている証拠で、すっと汁滴がでんぷんの中に吸い込まれたときには無毒化した状態を表す。 毒抜きの過程も見応え十分だが、毒の有無をチェックする知恵までも持ち合わせているところに、椎葉の圧巻の食文化たるゆえんがある。
 でんぷんは丸めてダゴにし、竹串に刺して囲炉裏の周りに立ててあぶり、ミソや塩をつけて食べた。 「“茶おけ”といって、ご飯前によく食べたですね。 そしたら、ご飯が余計いらんでしょう」 とは、クニ子さんの回想だ。
 椎葉の食文化は生き延びるための手段であると同時に、命を守るものでもあった。 つまり、医食同源ともいえる機能を備えていた。 たとえば、山蜂( ニホンミツバチ )の蜂蜜やお茶( 釜炒り茶 )は紛れもなく上等な薬として扱われていたし、同じくウバユリの根( でんぷん )は胃腸薬、ヤマブキの根の絞り汁は解毒剤の役目をそれぞれ担い、またタヌキの身( 肉 )の塩漬けは妊婦の産後の肥立ちには欠かせないものだった。




 このように、椎葉の日常食は嗜好品とは程遠いものだった。 しかし、生存のための食文化は、最近になってバランスのとれた健康食であり、しかもけっこううまいことがわかってきた。 これらに加え、クマンバチ( オオスズメバチ )の幼虫やエノハのウルカ、さらには狩猟に伴うイノシシやシカの獣肉など、町場の暮らしではとても味わうことのできない珍味の価値も認識されてきた。 山はまさに豊饒のちまたなのである。
 こうした優れた生活文化を守るためには、一にも二にも下界の騒音を無視することだ。 “食育”などという本末転倒の掛け声には、決して耳を貸してはならない。 地域の暮らしの崩壊は見て見ぬふりをして、食育という名の利権で踊る人間たちのおぞましさよ。 食文化の原点は各地方に連綿と伝わる郷土食であり、その衰退を小手先の食育などで防げるわけがない。 村落共同体の再生とまでは言わなくても、地域の復活なくして、郷土食の保持も伝承もありえないのである。
 焼き畑、狩猟、祭りなどの豊かな生活文化の中で育まれた椎葉の食。 食文化はひとり孤立してあるものではなく、多彩な民俗の連関の中でしか生まれず、また存続もしない。 椎葉の若き後継者たち( 意外にたくさんいる )には、郷土の価値の在処を見失うことなく、せいぜい時代に高をくくってみせてほしい。 あなたたちは、変わらない価値、変えるべきでない価値の重大さを認識できる民であったはずである。