( 2011.01.05 )

 
 1月5日にグルーポンが 「バードカフェ 謹製おせち」 問題でお詫びを出しました。
 これは流行りのクーポン購入サイト グルーポン で購入したおせちの配送が遅れ、さらに中身が説明されていたものと全く違うという件についてのものです。
 おめでたいはずのお正月に、一体何が起こったのでしょうか。
 お正月といえばおせち。 自分や家族で作ったものを食べたという人もいると思いますが、家でおせちを作るのはかなり大変なので、近ごろはネットで事前に注文して正月に届けてもらっているという人も多いのではないでしょうか。 しかし、もしフタを開けてみて、そのおせちの中身がスカスカで6Pチーズが転がっていたりしたら、新年から暗い気持ちに包まれてしまうのではないでしょうか。 2011年の正月を賑わせたのは、まさにそんなおせちの問題でした。
 12月に、共同クーポン購入サイト 「グルーポン」 を利用して横浜の人気レストラン 「バードカフェ」 の謹製おせちを50%で購入することができるクーポンが登場し、500人が購入してクーポンが成立しました。

グルーポン( GROUPON )― 50%OFF【 10,500円 】
2011年迎春
≪ 横浜の人気レストラン厳選食材を使ったお節33品・3段・7寸( 4人分 )配送料込 ≫
12月31日着
 問題になっているのは、この 「バードカフェ 謹製おせち」。 タイトルにあるように、横浜などにお店を出しているバードカフェというレストランが提供するおせちで、4人分33品が通常2万1000円のところ、半額の1万500円で買えるというクーポンです。
 グルーポンでは規定以上の人数がクーポンを購入することで契約が成立し割引を受けられるという仕組みになっており、このおせちの半額クーポンは500人が購入しました。
 クーポンの申し込みがあったのは11月25日正午から11月27日正午で、配送は12月31日の予定でした。
 予定されていた33品は以下のようなもの。 コレが1万500円であれば、確かに注文したくなります。

( FISH )
ノルウェースモークサーモン / 才巻き海老の白ワイン蒸し / キャビア / 〆鯖の棒寿司 / 鮑の冷製作 / 海老のテリーヌ / 田舎作り / フカヒレのにこごり / 帆立の瞬間スモーク / 牡蠣のエスカベッシュ / いくらの醤油煮 / 鰊の昆布巻き/焼き蛤
( VEGETABLE )
海老芋と京人参、小堂院大根の炊き合わせ / 紅白なます / くわいのバルサミコ風味 / 数の子の冷製 / 筍のグリエ / 栗金団 / 蓮根の甘酢漬け / 彩野菜のピクルス 黒酢風味 / 紅白嘉蒲鉾 / 伊達巻 / 丹波の黒豆
( MEAT )
手羽中の醤油煮 / フランス産シャラン鴨のロースト / 国産和牛ロースト / 名古屋コーチンもも肉の燻製 / 砂肝のコンフィー マスタードソース / 鹿児島産黒豚の京味噌漬け / 蟹爪のフリット / 生ハムとカマンベールチーズ / 肉巻きのロースト



 しかし、実際に届いたのは以下のような品だったそうです。 まず目につくのは隙間の多さ。 用意した器が大きすぎたというのではなく、どう見ても中身のボリューム不足。 2chなどでネタにされていますが、6Pチーズが1個だけ入っているなど、4人分のおせちとはちょっと思えません。


 黒豆はホイルに乗せたり別途の入れ物に入れられることなく、仕切りの中を転がっています。


 この段がもっともまともにできていますが、それでも細かい仕切りが色々と足りない気が ……。


 ちなみにこの写真については、ニュース番組の取材を受けた販売元の社長が ネットの写真は一番酷い状態で撮られたもの と釈明をしています。


 人によっては、おせちがクール便ではなく普通の宅配便で届けられたところもあり、すでにおせちが腐っていたというケースもあったそうです。 また、おせちにも関わらず12月31日に届かなかったというケースも報告されています。

( cache )おせちは論外 : バードカフェ 横浜店 [ 食べログ ]


このお店が販売している 「おせち」 についてです。
お店では21000円で販売しているものを、グルーポンから半額の10500円で購入。
グルーポンでは500人が購入したと表示されていました。
もともと、注文が確定したら、5日以内にお届け日を電話連絡する、という約束でしたが、連絡がいつまでたっても来ない。
おかしいな、と思っていたらグルーポンから 「電話できていないという連絡がお店からあった。 もうしばらくお持ちください」 というメールが。
「おいおい、大丈夫かよ」
と思っていたら、ようやくお店から電話が。
「お届け日をいつにしたいか?」 という問い合わせだったので、 「31日、20時から21時迄」 と指定したのだが ……
本日( 31日 )、買い物に出ていた妻と私に家から電話が。
「ねー、おせちがもう届いたよ?」
おいおい、まだ2時過ぎじゃないか ……
年末の買い物を終えて、 「今年はおせちの準備がラクでいいなぁ」 などと家内といいながら、帰宅して届いた 「おせち」 を見てびっくり。
内容はスッカスカ。
これで4人前?
まるで叩き付けたように盛りつけたような、雑な盛りつけ。
全部で33品と書いてあったのに、あれ?25、6品?
…… おいおい、チーズってホイルに包まれたまま?
えっ?キャビアってこの端っこに倒れているこれ?
伊達巻き二切れだけど、これを4人で取り分けるの?
これで …… 一万円なの?
いや、嘘だよね?
家族4人、どんより。
いや、何かの間違いだろ、電話してみようよ、お店に。
気を取り直して電話掛けてみたら ……
ツーツーツー。
話中で全く繋がらない。
20回に一回、電話が繋がって呼び出し音は鳴るんだけど …… でない。
と思ったら、切れる。
どうなってるんだ?
「休みなんじゃないの?」
「だったら何処に問い合わせればいいんだ?」
「ねぇ?これ食べちゃっていいのかな?」
「…… 返品のしようがないのに ……」
別に私はクレーマーのつもりはないけど。
けど、これに1万円を払うほど寛容じゃないです。
ましてや、これに2万円払っている人がいるんだとしたら、これは 「大問題」 じゃないでしょうか。
結論。
私は1万円をドブに捨てました。
お店から誠意ある対応がなされることを期待します。
ああ、気分が悪い。
最悪です。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
続報。
この投稿を行った後、ダメもとでもう一度電話してみました。
で、やはり繋がらず、何度も何度も掛け直していると ……
プルプル …… という呼び出し音のあと、転送音が!
ようやく繋がりました。
自ら … 冷静に冷静に!と言い聞かせながら話したところ、以下のような状況であることが判明。
現在のところ、半数に届けられていない( 遅配が生じている )。
遅配は明日の午前中になる予定。
届けられているところも、 「グチャグチャで届けられた」 「品数が足りない」 「量が足りない」 「不当表示だ」 とのクレームが寄せられている。
で、お店側と話し合ってどうなったかというと ……
届けられたものは召し上がってほしい。
1月2日か3日に自宅迄お詫びに伺うので、そこで返金したい。
ということに。
他にも大量にクレームが入っているようですので、バードカフェでおせちを注文なさった方、お店側に 「繋がらない」 とあきらめず電話してお店と交渉なさってください。
まぁ、当然の対応であると思います。
ただ、真摯なお詫び対応であったと思うので、一万円をドブに捨てた、という発言は撤回します。

 この問題は12月31日からネットで騒ぎとなりました。
グルーポンの割引で買ったおせち料理が酷すぎワロタwwと話題に
【2ch】ニュー速クオリティ:グルーポンの割引で買ったおせち料理が酷すぎワロタwwと話題に
痛いニュース(ノ∀`) : グルーポンの割引で買ったおせち料理が酷すぎると話題に - ライブドアブログ
 中にはバードカフェの実店舗へ行ってゴミの中から納品書を探し出す人 も登場。 ただでさえおせちの品数が足りていない中、キャビアをランプフィッシュの卵で代替したり、丹波黒豆を中国産ぶどう豆で代替したりしているのではないかと見られる箇所も見つかったそうです。
 話題はさらに広がっていきます。
Togetter - 「飲食店トーク;商品の『原価』 は、どのくらいが相場なのか?採算ベースはどこ? 寄せ物、おせちなどを例に …」
 また、おせちが届いた人、また届かなかった人からグルーポンへと報告され、グルーポンは1月1日に全額返金とお詫び対応の告知を行いました。
グルーポン(GROUPON) - バードカフェ 「謹製おせち」 の件について
 おせちを売ったバードカフェを運営する外食文化研究所公式ブログにて、 「500セットの調理と詰め込みに予想以上の時間がかかり納品が遅れるという事態が発生」 「出来ないと判断しキャンセルの依頼をするべきところを、出来ないものを無理に行ったことがこのような事態を招きました」 と説明し、水口憲治代表が辞任を表明するに至りました。 しかし、これより前にはTwitterで 「おせちのおかげで1店舗分の売り上げになった」 などとツイートしており、内容を偽ったおせちを売ることで不当に利益を上げようとしているのではないかと考えられたことも、大きな反発を招きました。
痛いニュース(ノ∀`) : グルーポンおせち騒動で、 「バードカフェ」 社長が辞任発表 - ライブドアブログ
 この話題には洋食チェーンのふらんす亭の社長も登場して、どこが話題の中心だかわからないぐらいの騒ぎに広がっていきます。
グルーポン腐臭おせち事件ふらんす亭(@mgrantfood)社長 「あんた何才?」 「呼び捨てにすんな」 とキレる。
 やがて、話題は2ちゃんねるやTwitter界隈から飛び出し、一般メディアでも取り上げられることに。
「見本と違う」 お節500セット 購入者とトラブル - 47NEWS( よんななニュース )
ネット注文おせち 「見本と違う」 …納品遅れも : 社会 : YOMIURI ONLINE( 読売新聞 )
asahi.com( 朝日新聞社 ):おせち200人に届かず 料理にいたみも? グルーポン - 社会
ネット販売おせち 苦情で返金 NHKニュース
「見本と違う!」 ネット販売のおせちに苦情殺到
「ネット注文 「おせち料理」 トラブル相次ぐ」  News i - TBSの動画ニュースサイト
時事ドットコム:おせち販売で謝罪= 「見本と違う」 と苦情殺到-共同購入のグルーポン
 海外でも報じられています。
After Mochi, Osechi: The First Food Brouhaha of the New Year Troubles Traditional Japanese Meal Purchased on Groupon, Rakuten - Japan Real Time - WSJ
 1月5日、グルーポンはバードカフェ 「謹製おせち」 にて配送遅延と商品内容の相違があることを確認 し、お詫びと報告を行いました。 この中でグルーポンは、クーポンで購入された商品の提供元について、品質管理・製造管理・配送管理が十分適切であるかどうかを見極めらていなかったことが原因だとして、今後は提供会社に対する事前審査の厳格化などを行うとしています。

 グルーポンや同様のクーポン購入サイトを巡っては 「広告費のようなものだ」 と割り切って提供している会社がある一方で、本来は存在しない高価なメニューをでっちあげ、それを半額にするなどしてまるで安く提供しているかのようにみせかけるケースもあるのではないかという指摘がなされています。 実際、安価なクーポンを購入してお店に行ってみると、とても本来の定価には見合わないような商品を提供されたという事例も報告されており、今後の改善が期待されます。

 この点について、実際にお店を運営する側が、通常価格よりも定価を上げた上で元よりも低い価格で売って欲しい( 例:5000円の品の定価を1万円ということにして、それを4500円に割引して売って欲しい )と、二重価格の申し出を受けたということを告白しています。 この店長は、グルーポンの提示する条件を受けるよりも、グルーポンに取られる手数料などの分をお客さんに還元できるのではないかと考え、申し出を断ったそうです。
 ちなみに、おせち事情については、
 年末はおせち用の食材の価格が急激に高騰するってことなんですね。
 だからこそ、和食料理店は日頃から魚屋さんと懇意にして、関係を作っておく必要があります。

 京都が誇る三つ星料亭 「菊乃井」 さんなどでもだいたい300個くらいが限度です。
 これは人手が足りないのではなく、材料が揃えられないんですね。
 もちろん1社独占で仕入れることもできますが、そうすると小さな料理店に素材がいかない。
 そういう 「1人よがり」 は京都で一番嫌われるので、有名どころはだいたいそうしています。

 と、京都を遊ぶ社長のblogにて解説が行われています。 GIGAZINEでは2010年年末に業務用スーパーなどで買ってきたものだけで 「格安おせち」 を作ってみました が、このおせちに昆布巻きが入っていないのもこの 「材料が揃わない」 という理由でした。

 外から見ると妙に高い値段がついているものも、事情を知ってみるとその値付けに納得するケースがありますが、まさにおせちはそういう商品だったというわけです。 「 『おせち』 という商品に関しては、年末ボーナスを稼ぐための利益商品などでは『決して』 なく、感謝の気持ちでせっせと夜なべして作る非収益商品」 ということです。

 もう今年のお正月は戻ってきませんが、来年のおせちを注文するときは心に留めておくと、いいおせちを購入できるかも知れません。





グルーポンの 『おせち』 に対し、悪名高き独裁者、ヒットラー総統が物申しています。


[ 画像をクリック ]



[ ハイサイうる虎 ] 後藤直斗店長の
  消された
バードカフェおせち手伝いブログ

http://ameblo.jp/haisaiurutora/ の2011年1月1日 08:54に記録された魚拓 )
2010-12-31 18:54:11 リアルタイム
テーマ:ブログ
皆様ハイサイ!
バードカフェ横浜の手伝いが終了し、この後はハイサイの目標達成の為に営業に戻ります。
完全リアルタイムです。
本当に大変なのはここからです。
電話が鳴り止まない大晦日になりそうですね。 (※)
でも、これも挑戦して得た結界です!
共に頑張りましょう!!
iPhoneからの投稿

(※)騒動になることがわかっていたのか?!





探偵ファイル・ 「外食文化研究所」 水口憲治社長への取材
探偵ファイル・おせち騒動の店に新たな疑惑続出!衛生管理にも疑問
外食文化研究所の横浜エリア統括マネージャーってのが 「現場力向上セミナー」 をやったみたい。ギャグかしら?!
バードカフェおせち。 最悪
禁じられたおせち バードカフェ編
グルーポン粗悪おせち販売会社の元社長 ツイッターでウマウマ発言
【 侵略!グルーポンのおせち料理 】 変態行動をシティーハンターのED風に
総統閣下はグルーポンのおせち料理に相当お怒りのようです
★ 知っておきたい法令 ★ その価格表示、信用できるかな?
~景品表示法による二重価格表示のルールについて~
詰め込み作業はこの店。作業写真と同一人物写ってます。


お粗末おせち問題で辞任した水口社長が伝えたかった事
「日本人が忘れた家族の絆」

 あまりにもお粗末な内容のおせち料理をインターネット販売したとして問題視されている、飲食店の 『バードカフェ』。 通常価格21000円のおせち料理を10500円で販売したものの、内容が少なくスカスカなうえに一部腐食している料理があったというこの騒動は、新年早々大きな話題としてインターネット上やマスコミを騒がせている。

 『バードカフェ』 運営会社の代表取締役社長・水口憲治さんが責任をとって辞任したものの、 「消費者を馬鹿にしている」 という声があがっており炎上状態が続いている。 水口さんは年末にTwitterで 「おせちで、一店舗分の売り上げになった(^ ^)次も仕掛けますd(^_^o)」 とも発言 しており、多くの人たちから顰蹙ひんしゅくをかっているようだ。

 完膚なきまでにバッシングされている 『バードカフェ』 や水口さんだが、少数とはいえ擁護する声があがっているのも事実だ。 実際にこのおせち料理を購入したと思われる人物も、水口さんを擁護しているのである。 この購入者は、『バードカフェ』 が 「お粗末なおせち料理」 を販売した事に対し、以下のように水口さんを擁護している。
『バードカフェ』 おせち料理購入者の声
 今日、グルーポンで買った10500円のおせちが届いた。 見本とはすこし違うが、まぁ世の中そういうものだ。 達観した大人はいちいち騒がない。 しかし、たしか4人分と書いてあったが、蟹爪や手羽先は2つ、国産和牛ローストにいたっては3切れだ。 これを家族4人で分けろというのか ……。 誰が言い出すわけでもなく、家族で知恵を出しあい、皆が平等に食べられるよう工夫していた。 妻がポツリと言った。 「カーチュンはお肉苦手だから、あなたたちお食べなさい ……」。 すると、普段 「うるせーババァ」 しか言わない長男が、 「じゃ、俺の蟹爪食いなよカーチュン!」 と。 10歳になる娘は、無邪気に 「カーチュン、もっと食べなよっ、いくらの醤油煮一粒あげるっ」 なんてはしゃいでいる。 そして最後に、一個だけ入っていた舶来高級チーズを家族みんなで分けて食べた。 皆の目が潤んでいる。 なんということでしょう、食べ終わる頃には、殺伐としていた家庭に暖かさが! 我々日本人が忘れかけていた家族の絆を思い出させてくれる、いいおせちじゃないか。 それこそが水口さんの願いだったのだ。 一瞬でも、 「これは酷い手抜きなのではないか」 と疑念を持った己を恥じた。 ありがとう、水口さん、そしてさようなら( ここまでが引用 )
   どうやらこの購入者は、水口さんはあえてお粗末で量が足りないおせち料理を販売し、 「日本人が忘れた家族の絆」 を再確認させていると言いたいようだ。 お粗末なおせちではあったものの、それによって家族の大切さを再確認することができたようである。 もしこれが事実であれば、この家族にとって思い出に残る素晴らしい正月となった事だろう。 そして水口さんは、人の心の先の先を読んでこのおせち料理を販売した賢者のような卓越した考えの持ち主という事にもなる。 この購入者の声が事実でないとすれば、単なる皮肉である。

 しかし、内容がスカスカで腐っているおせち料理が届いて喜んでいる人たちが多くいるとは思えない。 『バードカフェ』 はもちろんのこと、食べ物を扱っている業界の人たちはもっと消費者のことを考えて商売をしてほしいものである。



ふらんす亭オーナーがおせち問題に言及し炎上


 飲食店 『バードカフェ』 が、インターネット通販で販売した10500円のおせち料理の内容があまりにも貧弱だったため購入者からクレームがつけられていた騒動で、新たな展開があった。

 レストランチェーン 『ふらんす亭』 のオーナー・井戸実さんが、インターネットコミュニケーションサービスTwitter( ツイッター )で 「って言うか止めねぇ? 出してる側も一生懸命作ってんだから。 水口さん浮かばれ無いよ」 と、おせち料理問題に言及して物議を醸しているのである。

 井戸さんの発言は 「粗悪なおせちを作った側を擁護している」 と思われたようで、インターネット掲示板2ちゃんねるやブログ、Twitter、SNSで広まり、事実上の炎上状態となっている。あまりにもお粗末なおせち料理を販売した 『バードカフェ』 の元社長・水口憲治さんは責任をとって辞任し、これで問題も収拾すると思われたが、今回の発言で 「さらなる燃料投下」 が行われた かたちとなり、インターネット上でおせち問題が再燃している。

★ 今回の騒動のTwitterでの流れ( 複数のユーザーとのやりとりです )
他のユーザー:激しく叩かれているバードカフェ。 辞任した水口社長。 あのおせちじゃお客さんが怒るのはあたり前だけど( 以下略 )。
井戸さん:って言うか止めねぇ? 出してる側も一生懸命作ってんだから。 水口さん浮かばれ無いよ。
他のユーザー:おまえこのタイミングで水口擁護とか頭のネジが緩んでるだろうw。 これだからサービス業やっている奴はヴァカって言われるんだよ。
井戸さん:お前って言うな! 水口さんを呼び捨てすんな!
他のユーザー:おい井戸、お前のツイートが2chでコピペされて大顰蹙( ←読めるか? )買ってるぞw お前も水口の所のぼったくりおせち食べてから物を言えよw
井戸さん:呼び捨てすんな。
他のユーザー:おい、井戸。 道端のハイエナ。 お前は何、食ってんの?
井戸さん:だから呼び捨てすんな。 あけましておめでとう!
他のユーザー:感情的になってムカついたりムキになる経営者って …… チーズ食って寝ましょう。
井戸さん:あ。 感情的にはなってないですよー。 にちゃんの住民を喜ばしてるだけです(^ ^)
他のユーザー:おい、井戸。 途中で態度を変えるお前はクズ。 腐肉を食う道端のハイエナ。 水口のおせち、腐ってると思うか?
井戸さん:お前いい加減にしろよ。
他のユーザー:んで、お前は水口の所のおせち見て美味しそうだと思った? 食べてみたいと思った? 一万円の価値があると思った? 同じ外食経営者としてどうよ?
井戸さん:だからお前って言うな。
他のユーザー:さすがです。 やはり器が違いますね! 2chの人間はゴミダメみたいなものですから気にしないで水口さんをかばってください。 水口さんを頼みます!
井戸さん:にちゃんねらーとか暇だから仕方無いよね。
他のユーザー:井戸社長、タコ共の相手はやめましょう(笑)
井戸さん:ね。 俺マジで訴訟するから。
 井戸さんとしては同じ外食に携わる人間として、そしてひとりの人間のモラルとして 「水口さんをそんなに責めなくてもいいのでは?」 と考え、Twitterに書き込みしたと思われる。 しかしインターネット上では 「適当なおせちを作った店をかばっている」 と思われたようで、井戸さんに対する呼び捨ての問題もあり、炎上するかたちになってしまったようだ。

  「にちゃんねらーとか暇だから仕方無いよね」 というインターネットユーザーを馬鹿にしたような発言をしたのも、2ちゃんねるで炎上したひとつの理由ではないかと思われる。 2ちゃんねるは多種多様な人たちが利用しており、ユーザー全員が暇人とは限らない。

  「悪いほうを擁護している」 といわれている井戸さんだが、ご自身は今回のおせち問題で水口さん( バードカフェ社長 )を擁護しているつもりはないようで、他のTwitterユーザーに 「なんで水口おせちを擁護してるの? 根拠書けよ。 販売前の写真と郵送後の内容が違うことでも擁護するお前の意見を書け」 と言われ、 「別にしてない。 頼んで無いし」 と返答している。




お粗末おせち料理を販売した社長がウハウハ発言


 共同購入することでオトクな価格で品物を購入する事ができるクーポンサイト 『グルーポン』 で、10500円( 通常価格210000円 )のおせち料理を500セット売ったものの、内容があまりにもお粗末だったためインターネット上で大問題になっている騒動で、新たな情報が入ってきた。

 このおせち料理を販売したのは 『バードカフェ』 という飲食店で、その代表取締役社長・水口憲治氏( 2011年1月1日に責任をとって辞任 )が昨年末 「おせちで、一店舗分の売り上げになった(^ ^)次も仕掛けますd(^_^o)」 と『Twitter』 で発言していたというのだ。 『グルーポン』 と提携しているので色々と諸費用がかかっていると思われるが、単純計算で約500万円の売り上げがあったわけで、社長としてもウハウハだったわけだ。

 おせち料理の内容があまりにもお粗末だった事に関して社長は 「500セットの調理と詰め込みに予想以上の時間がかかり納品が遅れるという事態が発生してしまいました。 出来ないと判断しキャンセルの依頼をするべきところを、出来ないものを無理に行ったことがこのような事態を招きました」 とコメントしている。

 ウハウハ状態から一気に失墜した社長だが、消費者として許せないのは 「社長が売り上げ金額だけを見て歓喜し、もっとも重要視すべき客へ提供するものをまったく見ていなかった」 という点である。 インターネット通販や外食は売れればいいというものなのだろうか? 売れる仕組みを作るのは楽しい事かもしれないが、客の事をまったく考えない飲食店のおせち料理を正月早々あてがわれた客はとんだ災難である。





届いたおせちが腐敗していたという事。これは事実なのか?
衛生面について白衣・マスク・手袋・帽子等の装備が常識だと思われるが、御社にはそうした認識はなかったのか? また、盛り付け風景の写真を拝見する限り道路わきのガレージのような場所で作業なさっていますね。 衛生面に問題があるとは思われなかったのでしょうか?
おせち作成の服装があきらかに私服だった事について服装で誰も疑問に思わなかったのか?
また、社長自らあの光景を異常とも思わなかったのか?
なぜぐるなびの営業さんにまで、お手伝いをさせているんですか?
水口氏はご自分で20,000円の価値があると思い配送したのか?
またご自身でこのおせちを10,500円で購入しようと思いますか?
なぜチーズは1ピースだけフィルムのついたまま入れたのか?
何故にブログから御節を作ってる最中の画像を消したのか?
飲食業に必要なのは何だと思いますか?
今後も飲食業をやっていこうと思いますか?
商品見本とほぼ同じ内容の御節は一個でも作られたのか?
商品見本と違うものが出来ると判明したのはどの段階か?
グルーポンがケツを持たれるみたいですが、それをどう感じているか?
グルーポンにして見ればケツを持たないワケにはいかず、そこを悪用することも可能とお考えになられて、キャパ以上の500個を受けられたのか?
いっそ500個と言わず10,000個とか注文を受けてグルーポンに責任をなすりつけてトンズラというような行為も考えられる。
グルーポンの現状のシステム自体が詰んでしまった感が否めないが、グルーポンのシステムを破壊してしまったことに対するお気持ちは如何なものか?
素人が一目見てダメだとわかるような物を販売した理由をお聞かせください。
年始の書き入れ時のはずなのにテレビCMをぴたりと見なくなりましたね。今回の件と広報戦略は関係しているか?
何故に説明出来ないのをHP外注業者のせいにする?
ツイッター、ブログ等、その気になれば何かしらのアクションは取れたはず鎮静化を待って逃げようとしてたのか?
御社HPのトピック更新してたのに後から 「出来ません」とか胡散臭過ぎないか?
なぜ消費期限が1月1日なのか? おせち料理は保存食では?
水口氏もあの御節制作現場を見ていた、また手伝ったのか?
ぐるなびへの口コミ評価にて、良い評判しか認めないのは口コミサイトの意味無いと思わない?
クール便で送らなかった意図は?
水口氏自身は飲食業、商売に向いてると思いますか?
水口さんがこれら消費者だとして、まず届いたおせちに対してどのように感じるか?
そして会社側にはどのような対応を求めるか?
当初の100個限定を500個に増やしたのはグルーポン側からの提案すか? それともマネージャーからの提案?
11月から注文を受けつけ注文数が100個を超えたのはいつなのか? そして100個を超えた時点で材料の追加はされなかったのか?
今件の負債総額は現時点で、どの程度、見積もられているか?
26日から仕込んでいたら、31日に配送すると腐るものもあると思いますがどうか?
お節の製造計画についてバードカフェさんから書面で提出されてるとは思いますが内容に不備があるとは思わなかったか?
見本のお重ねは高級料亭で作られたような豪華なもので、21000円の価格相応な内容だが、実際にバードカフェ又は社長サイドで作られたものか? それとも広告代理店や他の食品業者に依頼して作ったものか?
連絡が来た客にだけ返金するのではなく自ら客全員に電話連絡して返金すべきでは?
申し込みに期限がありますが( 1月17日(月)18:00まで )、この期日は何を根拠に決めたのか?
それまでに連絡して来なかった場合の御社での対策は?
2重発送となってしまっているとの声について配送のチェックは行われていたのか?
なぜ自身のブログやtwitterで謝罪しないのか?
グルナビ経由で購入された方にも返金は検討されているのか?
4日前に戻れたら自分に何と言いうか?
グルーポンのブログを確認しましたが、その謝罪内容を直接ではなくリンクにしたのは何故でか?
質問なり抗議なりが出来るページ( 当然期間無制限ですよ、当然 )を設けるという考えは無かったか?
まだ飲食業を続けるつもりか?
2chに自分擁護目的の書き込みをしていないか?
グルーポンは購入金額1万円の返金+お詫びの品を損害賠償に考えているようだが、バードカフェとしてはどういう対応をされるつもりか?
他グループ店舗によくいきます。 とてもおいしいです。 そういう他の店舗でがんばってるスタッフについて何と説明するのか?
御社の掲示板に繋がらないが、サーバーのアップグレードの予定は有りるか?
腐敗しているのではとの疑いが多数有った時になぜ、食べずに捨ててくれと早急に全顧客に連絡しなかったのか?
この料理をクーポンで半額で提供とのことでしたが、20,000円で販売した実績はあるか?
実績がある場合、その20,000円のものと今回送付したものは同一の内容でか?
また20,000円で何個販売したのか?
今回の件に対してそんなに広まらずすぐ沈静化するという考えはあったか?
顔出し、社長本人謝罪、ブログ等で質問に答えるまでの経緯、メディア公表、訪問謝罪、… どれをしようと考えているか?
また、しないのであればその理由も是非。
20,000円のおせちで正月を迎えられると思ってた家族に一言お願いします。
一括表示は適性なものを作成し、商品に貼り付けていたか?
賞味期限( 消費期限 )に則した保存検査データ、各原材料のトレースデータはお持ちですか?
各原材料ごとの配合比率、その重量管理はなされていますか?
アレルゲン表示はなされていたか?
店舗での販売と加工食品の販売は法令上も大きく異なり、JAS法または食品衛生法に違反している可能性が高いという認識は当初からお持ちでしたでしょうか?
何故お詫びも添えずに、そのまま商品を発送したのか?
500人の購入客に対してご自身で電話で謝罪されたのか?
この際グルーポンとのやり取りなどの全てを語っていただきたい!
一昨年前にバードカフェで販売されたおせちの価格が15,000円。 今年はその倍の品質を計画して定価2万円表示したのか? それとも同じ品質を念頭に定価2万円表示にしたのか?
今後店舗やサイトのトップには大きくこの事件の事を載せ今回の件を隠さず公表し続けるのか?
お節料理の中身は、店舗で製造したものなのかどうか?
はじめから100個しか用意できないと分かっていたのに、何故100個限定にして注文を受けなかったのか?
契約を優先し、品物を届けることを第一にしたと有りますが、例えば大型バイクを購入し、納品日に届いたそのバイクに塗装がされておらず、さらに50ccのエンジンが積んであったらどう思いますか? 販売店側が言い訳を始める前に、自分から 「契約で今日が納品日ですからね、これでいいですよ。」 などと言えるか?
「一年の計は元旦にあり」 といいます。 そして人は一生の内で何度食事をし、( 日本人は )その内の何度おせちを食べるのでしょう。 これを踏まえて質問です。あなたにとって1月1日に食べる食事とはどのような意味を持ちますか?
ぐるぽんから今回の件で何らかの金銭的ペナルティ受けられましたか?
盛りつけは社長自ら陣頭指揮にあたったのか?
今回のおせちのメニュー考案は誰がしたのか?
スタッフへ 「サービスの精神」 などは教育されておりますか? また、ご自身はそれについてどう思う?
グルーポンでは、500食の受注となっていますが、実際には何人で何食の受注だったのでしょうか? どうすれば、騙されずに通販が利用できるか? 日本のIT推進の未来がかかっています。 教えて下さい。 全国の通販を利用するクライアントが気になる点です。
食材が足りないこと以外にも、料理ごとに銀紙で仕切られてすらいないのはなぜ?
11月にクーポン販売終了したのに、なぜ食材を仕入れられなかったのか?
12月30日にオーブンが壊れたとのツイートがあるけど、何を料理するつもりだったか?
12月28日から料理し始めて 「冷蔵」 保存で1月1日まで腐らないと思ったのはなぜ?
HPについて外注しているとのことですが、今回のような緊急時のお知らせなどについて何も想定していないということですか? 外注していたら、ご自身では全く変更ができないようなHPだということか?
「当初の予定数100が、500の注文数が来た」 と、社長のコメントがありますが、100の予定数で一度終了し、翌日再度 「追加販売」 されて、500の数になっているはず。 確信犯と思われますが、素直に認め、謝罪されてはどうか? 購入者は、購入時にカード決済されてしまうことを、逆手に取り、詐欺にあった気分。 もともと、数量500を製造する能力がないのに、受注したのか? 全ての経緯を説明してください。
今回のおせちの作成マニュアルは公開可能か?
ツイッターで 「おせち料理で店1店舗分の売り上げが上がった」 というコメントはどういった意図か?
フィットネス業の社員です。 先日フラッシュマーケティングへの広告掲載を弊社でさせていただきました。 フラッシュマーケティングへの掲載に対する審査の厳しさは知っています。 審査の中に 「普段販売しているものであるという証明が出来る書類・資料があること」 というものがあったかと思います。 つまり 「○○限定セット」 というものができないということですね。 ということは貴社では常に今回のようなおせちを時期が来たら定価で販売しているということになりますがそれについて間違いはございませんでしょうか。
今回問題を起こしたグルーポンで販売した食事券は今後使えるのか? グループ店で使える商品券を1900枚販売しているが、これだけで475万円の売り上げ。 返金で大損失を出しているのに使用する事は可能なのか? 食事券購入時におせちの不祥事は起きてなかったが、現在は状況が違う。 既に使いたくない購入者もいるだろうがその場合返金は可能なのか? 全て使用された場合237万の割引だが経営は大丈夫なのか?
バードカフェがオープンして半年足らずで何故おせちを作ろうと思ったのか?( 何時の時点 )
外食文化研究所などで何時から他社の研究・食材調達の情報収集などしていたのか?( 特に洋風おせち )
バードカフェ及び系列店舗の調理人に洋風おせち作りのノウハウを持つ者か大量注文調理の経験者はいたのか?
おせち作り( 調達・調理・配送など )についてグルーポンからのコンサルティングはあったのか?
こちら( http://r.tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14037064/dtlrvwlst/2339338 )で 「1月2日か3日に自宅迄お詫びに伺うので、そこで返金したい。」 とあるが、一軒だけに伺うのは問題ではないか?
食品はいつから取り置きして、いつから箱に並べ始めたのか? ( ネット上では腐った臭がするとか鶏肉から異臭がするなどの声がちらほら見られる。 生ハムなども入っており腐りやすい物をおせちに入れるなど言語道断 )
御社はフラッシュマーケティングの特性を本当に理解したうえで出店したのか? 今回の件で御社はもとよりグルーポン・ジャパン社ひいてはフラッシュマーケティングという業態全体に対し強烈なマイナスイメージを植えつけたものと思われるが、それさえも 「グルーポン側の強いプッシュ」 のもと行われたことだったのか。ビジネスモデル全体の萎縮を招いた今回の事態について、御社はどう考えている?
すべての御節を発送したのは何日の何時?
商品の産地は本当なのか?
実際に届けられたおせちの8Pチーズが見本のどこを見てもないがどういった意図か?
抗議・質問コメント300通をこの時間(2011/01/02 01:30)に達成したという現状について( 9時締切時点で500超えでした )
御節を詰めてる現場に社長とグルーポンのスタッフがいたようだが、お二人の間で完成した御節を見てこれではいけないというような話はなかったのか?
グルーポンの 「ご好評により販売延長いたしました!」 が気になるが、この延長決定の時点で、100件突破していたのでは?
グルーポンで掲示している内容が守れないと判断したのはいつの時点でか?
詐欺で訴えられる可能性については考えたか?
金属探知機とか通しましたか? 遺物混入等の対策はしたか?
不完全な状態での配送は既に契約不履行だと考えてはいないか?
他の店舗でも仕出しをする場合、ああいった状況で作業を行っているのか?
記事消し、画像消し、謝罪文の数度にわたる変更、それにツイッター等。 事実説明のページやらニュースが出てきたら載せますか?
「ぐるなび柳田さん」 はこの盛り付けにはどういう反応だったのか?
重箱の仕切りがサンプル写真9 → 実物4になっていましたが料理ごとにカップなどで分けて入れるなどせめて見栄えを良くしようという工夫すら無かったのはなぜか?
過去のネット上のご自身の発言の削除についてはどなたからの入れ知恵か?
1ヶ月前の段階で500個売れていて 「2万円相当のおせち」 を作らず利益を出そうと考えたのでは?
社長が、異変を感知したのはどの時点か? また、出荷時に何も感じなかったのか? スタッフから、異議を唱える者はいなかったのか? 時間的に詫び状の一枚程度入れられたのではないか?
才巻海老の白ワイン蒸しが入っていない方もいるが足りなくなったのか? 仕入数が計算できなかったのか、たまたま入っていなかったのかどちら?
カマンベールチーズとありますが、どうやらラクティマのクリーミープロセスチーズのようです。 2~4人前の量に対して一つというのはおかしくないか? また包装が安全とは限らない。 普通は包装を取って、クラッカーを敷いたり、ハムで巻いたりすると思いますが、手を抜いたような盛り付け。 これは料理の一つとは言えなくはないか?
黒豆ときんとんの囲いに紅白はじかみを入れたのはなぜか? なますをカップに入れなかったのはなぜか?
料理と料理の付着を防ぎ、彩りも多少兼ねるバランというものをご存知でしょうか? 田作りと棒寿司を一緒にするのでしたらせめてこれくらいは使うべきです。 匂いが移ると思いませんか? もちろんその他の部分でもそうです。 一枚大体0.5円もしない。 はっきり言って彩りに欠ける。
今回の一件についてテレビに出演して取材を受けるのか?
ツイッターで重箱の搬入が12月27日となっているが、突然のトラブルなども予期してもっと前に済ませるべきではないか?
グルーポンには、システム上購入できる数を制限できるはず。 追加した時に、500と決めた責任者を教えてください。 完全に御社が決めたのか? それともグルーポン側からあおられたのか?
いつあるべき形にならないと分かったのか? また、その時点でグルーポン側には報告・相談はしなかったのか? しなかったのなら、なぜしなかったのか理由は?
9つの仕切りは12/26までに500個用意できなかったのに、急遽決まった4つの仕切りはすぐに500個用意できたのか?
ぐるなび分とグルーポン分で内容に差はあるのか?
今後、グループが存続できる可能性としてどういったことを改めなければいけないと考えていますか? これだけのマイナスイメージがついてしまった後どのように企業を挽回していくのかお聞かせください。

水口元社長からの回答ごめん、反響が怖いから黙っててもいい?
ネットのお話(^-^;)

それは予想通りの結果でした。

案外、グルーポンに口止めされてるんじゃないでしょうか。
もしくは弁護士等と相談してるのでは ……。





( 2011.01.07 )

  調


 年があけ1週間たち松の内気分はそろそろ抜けそうだが、 「おせち騒動」 は収まるどころか大きくなっている観すらある。

 共同購入型クーポンサイト大手 「グルーポン」 を通じて飲食店経営会社 「外食文化研究所」 ( 横浜市 )が2010年末に販売した 「バードカフェ謹製おせち」 を巡っては、 「中身がスカスカ」 などの指摘が相次ぎ、11年に入り国や地方自治体がさまざまな疑いで調査に乗り出した。

 のみならず、元ライブドア社長のホリエモンこと堀江貴文さんも議論に参入して、クーポンサイトを巡るビジネス論に発展したり、出品・販売社 「社長」 発言がテレビ司会者やネット利用者の怒りを買ったりと論点は拡散傾向だ。

一部健康被害が出た人がいるとの情報

 横浜市保健所は1月6日、外食文化研究所へ食品衛生法違反などの疑いで立ち入り調査を行った。 4日から3日連続の調査だ。 「おせちの中身が傷んでいた」 との指摘も出ていた。 市食品衛生課によると、一部健康被害が出た人がいるとの情報もあり事実関係や関連を調べている。

 同じ1月6日、農林水産省と神奈川県も同社を訪れ調査を開始した。 こちらは、JAS( 日本農林規格 )法が適用される通信販売にあたる案件かどうかを調べる目的だ。 農林水産省によると 「調査に入ったことは否定しないが、それ以上のことはコメントできない」 とのことだった。

 1月5日には、消費者庁の岡崎トミ子大臣が記者会見でこの問題に触れた。 「おせちの中身が、示された見本と異なりスカスカ」 などの報道に触れ、 「実際そうであれば、やはり景品表示法第4条違反であろうと思うわけですが」 としつつ、結論としては 「個別案件なのでコメントは差し控える」 と述べた。

 事実関係の調査をするかどうかについて質問された岡崎大臣は、やはりコメントを 「差し控え」 た。 仮に同庁が調査に入る必要があると判断した場合、クーポンサイト運営社と出品社の両方へ入るのか、それともサイト運営社は関係ないのか。 1月7日に消費者庁にきいてみると、 「一般論としてどちらとも言えない」。 調査に入る前の情報収集の結果次第だという。 ただし、可能性としては、最初は出品社だけに調査に入っても、その調査結果次第でサイト運営社への調査に入ることも一般論としてはあり得ると解説した。

「価格の二重表示になるのではないか」 との質問も

 焦点となっている法律は多岐にわたるようだが、ネット上ではビジネス論絡みの話も出ている。 堀江さんは1月3日、ツイッター( Twitter )で、おせち購入者について 「気の毒だ」 とした上で、出品社が社長辞任や全額返金を表明していることを指摘し、 「それに乗じてビジネスが上手く行っているグルーポン社の粗探しをやり、さらにその類似業者の粗探しまでするというのははっきりいってやり過ぎだし、調子に乗り過ぎだろ …」 とつぶやいた。

 ちなみに5日の消費者庁の岡崎大臣会見の際、記者からは、クーポンサイト 「商法」 について、 「共同購入をすれば半額ぐらいになるという商売は、価格の二重表示になるのではないかという指摘がある」 という質問も出ていた。

 堀江さんは、こうしたクーポンサイトそのものへの風当たりに違和感をもったようだ。 2ちゃんねるなどの書き込みにも、悪いのは出品社でサイト運営社はむしろ被害者だ、という指摘もある。 もっともこうした書き込みには、 「クーポンサイト関係者の回し者」 との批判も寄せられており、乱戦模様だ。

 堀江さんの書き込みに対しては、堀江さんがグルーポンではないほかのクーポンサイト運営社に出資していたことから、 「自身の立場を有利に誘導するためのポジショントークだ」 という趣旨の批判も数多く寄せられた。 堀江さんは類似他社への出資の事実を認めた上で、 「必要以上に叩いたり関係ないのに謝罪を求める」 人たちを批判しているだけだなどと反論した。 書き込みの応酬は数日間続いた。

「ネットに掲載された写真は、1番ひどい状態で…」

 当事者である 「外食文化研究所」 の社長は、1月1日付で辞任したことを2日の同社サイトで公表、全額返金する、と表明した。 5日放送の情報番組 「みのもんたの朝ズバッ!」 ( TBS系 )は、同社 「社長」 に電話取材したとして、 「誠意をもって対応している」 と答え、さらに 「ネットに掲載された写真は、1番ひどい状態で撮られたのかもしれない」 とも話したとナレーションで説明した。

 この発言に対し、司会のみのさんは 「よく言うね。 ひとつでもあったらダメなんだ、こういう商売は」 と語気を強めて批判した。 ネットでも2ちゃんねるやネットニュースのコメント欄などに 「珍しくみのが良いことを言う」 「責任転嫁だ」 などの声が多数寄せられていた。

 外食文化研究所は、同社サイトで1月7日付でも 「お詫びとご報告」 を更新し、グルーポンも5日付で 「お詫びとご報告」 を載せている。





【本当にあった怖い話】信頼は一瞬にして崩れる



 今年(2005)の1月6日、札幌市内で冷凍食品メーカー、ふうどりーむず( 北海道小樽市 )の謝罪記者会見が開かれた。
 同社は昨年末、おせちセットを約1万5000セット受注した。 だが、悪天候にたたられ、約3000セットを配達予定日の12月30日に配達できなかったのだ。 その後も配達を続けたが、賞味期限の1月2日時点で約2000セットが残り、これらの配達を断念した。